航空会社の予約を満席にする為の対策って知ってた??

どうもオサフォンです。

 

お久しぶりです。

中々、毎日更新は難しいですね。でも頑張ります😊

 

さて、表題にあるように皆さん一度は乗ったことのある飛行機!

 

国内・海外旅行等で搭乗することが多いと思いますが、現在日本では色々な

航空会社がひしめき合っていますよね。

ANAJALスカイマークetc... 現在は格安航空会社のバニラエアやjetstarなど

色々な航空会社が搭乗客を増やそうと様々な工夫をしていますね。

 

では、どうやって各航空会社は搭乗客を満席にする為に対策をしているのでしょうか?

 

f:id:osafon:20191007094050j:plain

 

 

 

 

 

オーバーブッキングって言葉を知っていますか?

航空会社では、座席の定員以上の予約を受け付けることがあります。

予約をしていても乗らない旅客が存在するので、そのキャンセルを見込んでのことです。

しかし、キャンセルが起こらないと、飛行機の座席が足らなくなり、一部の予約客が乗れなくなります。

これを、「オーバーブッキング」といいます。

 

オーバブッキンは航空会社の権利

オーバーブッキングは、日本語で「過剰予約」と訳されます。座席数以上の予約を受け付けることは世界各国の法律で認められており、日本でも同様です。

そのため、「オーバーブッキング」は航空会社の正当な権利です。オーバーブッキングは、国内外を問わず日常的に起きていますので、利用者は常に備えをしておく必要があります。

このページでは、飛行機のオーバーブッキングについて、制度のしくみと、対応と対策をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

オーバーブッキングは何故起こるのか?

航空会社は、飛行機の席数より多くの予約を受けつけています。理由は、予約していても当日空港に来ない客(NO SHOW)がいるからです。また、直前に変更をしたり、キャンセルをする人もいます。そうした「予約したけれど乗らない客」を見越して、多めの予約を取るわけです。

多めに予約をとって、実際にキャンセルする人が少なければ、座席数より旅客が多くなり、全員が乗り切れなくなります。この状態が「オーバーブッキング」です。

航空会社としては、NO SHOWが多いと、空席を残したまま飛行機を飛ばすことになります。それは効率が悪く無駄なので、航空会社は多めに予約を取ることが、法律で認められています。予約をどの程度多めに取るかは、過去のNO SHOWの割合から統計的にはじき出しています。

オーバーブッキングは、国内線でも国際線でも起こります。日本の国内線では「フレックストラベラー制度」と呼ばれています。

オーバーブッキングが発生すると?

オーバーブッキングが発生すると、航空会社は乗客に「席を譲ってくれる人いませんか?」と呼びかけます。出発当日に空港で呼びかける場合もありますし、数日前に電話やメールなどで「予約過剰になっているので、便を変更してもらえませんか?」と連絡が届くこともあります。

こうした要請に応じ、席を譲ると、対価として、現金(協力金)やマイルが進呈されます。その飛行機に乗れないことで生じるホテル代や、次の搭乗便のチケットなども別に用意してくれます。席を譲ってくれた人を「ボランティア」といいます。

不足席数と同じ人数のボランティアが現れれば、オーバーブッキングは解消します。また、エコノミークラスがオーバーブッキングしても、ビジネスクラスに空きがあれば、一部のエコノミー客をビジネスクラスに誘導する「アップグレード」が行われます。アップグレードでオーバーブッキングが解消することもよくあります。

もし、アップグレードでも席が足らず、ボランティアが必要なだけ集まらなければ、未搭乗の予約客のうち、誰かがその飛行機に乗れないことになります。これが「搭乗拒否」です。日本国内線ではボランティアが集まりやすいので搭乗拒否はあまりありませんが、海外(とくに米国)では、搭乗拒否はよく起こります。

搭乗拒否された場合は、ボランティアと同じように、補償金(協力金)として数万円が渡され、ホテルや代替便のチケットが用意されることが多いです。補償金額は、ボランティアよりも高くなることもあります。

整理すると、予約過剰な状態が「オーバーブッキング」、それに対応して席を譲ってくれた人が「ボランティア」乗りたくても乗れない状態が「搭乗拒否」です。

 

オーバーブッキングに遭わない方法

オーバーブッキングとは、飛行機が「予約過剰」になることです。航空会社は常に予約を多めにとりますので、利用者の立場でオーバーブッキングを避ける方法はありません

ただ、オーバーブッキングが発生したときに、搭乗拒否の対象者にならないようにする方法はあります。以下でご案内します。

 

搭乗拒否に遭わない為には

オーバーブッキングとは、飛行機が「予約過剰」になることです。航空会社は常に予約を多めにとりますので、利用者の立場でオーバーブッキングを避ける方法はありません

ただ、オーバーブッキングが発生したときに、搭乗拒否の対象者にならないようにする方法はあります。以下でご案内します。

1、予約時に座席指定をしておく。

  座席指定していない客は、座席指定している客よりも搭乗拒否に遭いやすいようです。

2、チェックインを早めにする。

  チェックインを済ませて搭乗券をもらった客よりも、搭乗券をもらう前の客のほうが、

  搭乗拒否されやすいです。そのため、飛行機に乗る日は、なるべく早めにチェックインを

  しておきましょう。最近は、多くの航空会社でウェブチェックインが可能なので、

  できるだけ空港に着く前にウェブでチェックインしておくといいでしょう

3、荷物を預ける。

  荷物を預けてしまった旅客を搭乗拒否すると、航空会社には荷物返却の手間がかかります。

  そのため、航空会社は、荷物を預けた旅客の搭乗拒否は避ける傾向にあります。

  無理に荷物を預ける必要はありませんが、満席便では機内の荷物スペースも限られるので、

  大きめの荷物は預けてしまったほうがいいでしょう。

 

このほか、航空会社は、マイレージの上級会員と、運賃の高い客はオーバーブッキングを避ける傾向があります。そのため、マイレージの上級会員になったり、高めの運賃のチケットを買っておくと効果的なのですが、オーバーブッキング対策のためだけに高いチケットを買うのはバカらしいです。

 

ボランティアでいくらもらえるのは?

それほど急いでいない場合は、ボランティアに応じてみるのもいいでしょう。国内線の場合、ボランティアに応じた場合は、1万円の協力金がもらえます。ボランティアに応じることでその日に目的地に着かない場合は、協力金は2万円になります。その場合はホテル代も、航空会社が負担してくれます。

オーバーブッキングの場合、後続便のチケットをもらえますが、国内線の場合、たとえば飛行機で新幹線で移動する、ということが可能なこともあります。

その場合、新幹線代を航空会社に負担してもらうか、航空券代を払い戻して新幹線のチケットを利用者が買いなおすこともできます。交渉次第で、利用者の有利な形に持っていくことも可能です。

国内の場合、移動手段は豊富なので、飛行機でなくても動ける場合も少なくありません。オーバーブッキングの協力金をもらうことで、タダ同然で、さまざまな手段で移動の目的を達せられます。国内線で急がない場合は、ボランティアに応じてみるのもいいでしょう。

国際線の場合は、1日1便しかない場合も多いので、ボランティアに応じるかは慎重に考えましょう。国際線でボランティアに応じた場合の協力金は航空会社や路線、状況により異なりますが、国内線より高くなっています。

 

搭乗拒否にあってしまったら

予約していた飛行機に、「オーバーブッキングで乗れません」と宣告されてしまったら、それは搭乗拒否です。オーバーブッキングは航空会社の権利ですので、いかに腹立たしくても、利用者は最終的には受け入れるほかありません。

搭乗拒否を受け入れたくなければ、自分がいかにその便に乗らなくてはならないか、を航空会社のスタッフに伝えましょう。次の日にどうしても外せない仕事がある、学生なら試験がある、などなど。事情が通じたら、航空会社のスタッフが、違う人にボランティアをアタックしてくれるかもしれません。

このとき大事なのは、感情的にならないこと。航空会社のスタッフだって、言いたくて言っているわけありません。スタッフにとっても、オーバーブッキングを伝えるのは気が重い仕事で、やりたくないけれど、業務命令でやっているわけです。

そんな相手にこちらが感情的になっても、雰囲気が悪くなるだけです。とにかく、いかに自分がその飛行機に乗る必要があるかを、冷静に伝えましょう。

そのうえで、どうしても搭乗拒否を受け入れなければならなくなったなら、代替措置の選択肢を示してもらうことです。後続便に乗るのか、経由便になるのか、違う交通手段を使うのか、それぞれの目的地到着予定時間を確認します。

費用負担と、得られる協力金の金額と、支払い方法も重要です。現金でもらうのが一番ですが、クーポンだったり、アメリカの場合は小切手だったりします。日本ではアメリカの小切手を現金化するのは面倒です。

代替措置の選択肢で、おすすめは後続便です。1時間後か1日後か、待ち時間にもよりますが、同じルートの遅い便を利用するのが一番いいでしょう。

国際線では、経由便を提示されることも多いですが、できれば避けた方がいいです。というのも、経由便でさらなるトラブルが起きたときに、ストレスが重くなるからです。経由便でのトラブルは頻繁に起きます。

極論をいえば、経由先でまたオーバーブッキングにあうことだってありえるのです。

 

オーバーブッキングの確率

オーバーブッキングの確率は、航空会社によって大きく変わります。日本国内線の場合、1万人につき1~2人程度がオーバーブッキングに遭います。国内線の場合、ボランティアに応じてくれる人を集めやすいので、「絶対に乗りたいのに乗れない」というケースはかなりレアです。

海外航空会社では日本よりもオーバーブッキングの確率は高いと言われます。とくにアメリカ系航空会社のオーバーブッキングは多く、1万人につき10人以上というデータもあります。搭乗拒否に遭う確率が1万人につき1人以上の航空会社もあります。

日本の航空会社では、統計的にANAがオーバーブッキングが多く、JALは少なめです。スカイマークはさらに少なく、ゼロに近いです。

路線によってもオーバーブッキングの確率は異なり、代替交通機関の確保が容易な路線ほど、オーバーブッキングが起こりやすいという傾向があります。1時間おきに飛行機が発着しているような路線の場合、オーバーブッキングが起きても振り替えが容易で、ボランティアを集めやすいので、航空会社は予約を多めに取る傾向があります。

一方、離島路線では、1日の便数も少ないですし、鉄道のような代替交通機関も乏しいので、オーバーブッキングが生じたときに利用者の被害が大きくなります。そのため、予約を過剰にとりすぎない傾向があります。

 

オーバーブッキングのない航空会社

オーバーブッキングが存在しない会社もあります。たとえば、LCCは、航空券のキャンセルが不可能な場合が多く、当日、NO SHOWでも航空会社に被害はありません。

そのため、航空会社は予約を過剰に取ることが少なかったり、全くなかったりして、オーバーブッキングが発生しないのです。

日本でもピーチやジェットスターといったLCCではオーバーブッキングはありませんし、アメリカでも、ジェットブルーがオーバーブッキングゼロの会社として知られています。

 

カレーとスパゲッティの話

どうもオサフォンです。

 

9月も末になり徐々にですが、涼しい日が続いてきましたね。

外回りの仕事をしている私には、とても過ごし易い日が続きます。

 

f:id:osafon:20190924104142j:plain

 

 

 

さて、表題にもあるように本日は『カレーとスパゲッティの話』です。

これは何か出来事を記事にした訳ではないのですが、私の仕事上、コンサルの

仕事をしているのでよく部下へ例え話として指導材料として使っている内容です。

これは私も自分の上司から教えられ、とてもわかり易い例え話だったので

皆さんへもお伝えできればと思い、記事にさせて頂きました。

 

『カレーとスパゲッティの話』

 

お客 : 今日はカレーを食べたいからカレー屋に行こう

店主 : いらっしゃいませ。

お客 : ビーフカレーください。

店主 : かしこまりました。お客さん、本日とても美味しいスパゲッティが

     出来上がったので、そちらもオススメですがいかがでしょうか?

お客 : うーん。(今日はカレーを食べにきたしな。) 

     いや、カレーで!

店主 : 今までの出来で一番美味しいと思うんですよ。ぜひ食べて欲しい。

お客 : (困る。。。)

 

皆さんもカレーとスパゲッティの例え話じゃなくても、知人や友人、仕事先や

買い物先などでも、そのような事経験した事ありませんか?

 

何が言いたいかというと、、、

 

いくら素晴らしい物があったとしても、相手(顧客)が求めていない物を

提供しても顧客満足は得られないという事です。

 

相手も事を知ろうとしないで自分の事ばかり言っている人は避けられる傾向ですよね。

 

まずは相手が何を求めているか?

相手は何を知りたいのか?

相手の表情は?

相手の反応は?

 

仕事をする上で、上司でも部下でも営業先でも取引先でもそうですが、相手を知り

相手が何を求めているかを知る事でお仕事を得られたり、顧客満足度が高くなったり

するのだと思います。

 

分かりやすい話なのですが、実際には実践する事の方が難しいと今だにつくづく思いますが日々精進ですね。

 

 

 

 

中学校時代、AETの先生に当時流行っていた遊びを教えた結果

どうもオサフォンです。

 

今日はプロ野球の試合もないので、暇な時間を過ごしており本日2個目のブログを

更新したいと思います。

 

f:id:osafon:20190917195105j:plain

 

 

題名でもありますが、みなさんの中学校へもAETの先生が派遣されている方も

いらっしゃるのでないでしょうか?懐かしいですよね。

私の学校にもAETの先生が派遣され、間近で外国人に触れる機会が全くなかったので

とてもドキドキした記憶があります。

また、それをキッカケに私自身海外に興味を持つようになり、海外旅行もよく行くよう

になりました。

 

AETとは?

Assistant English Teacher の略で全員が英語圏のネイティブティーチャーのことを

さします。

英語の授業だけではなく、放課後の部活動や様々な活動を通して、英語教育や

国際理解教育に勤めている先生のことです。

 

中学時代のAETの先生とは?

私が中学2年生の時に、AETの先生が来られました。

名前は『キャロライン』 アイルランドの出身で赤毛の綺麗な女性でした。

とても気さくな先生で、小さい町の中学校でしたので外国人を見ることに慣れていない

生徒ばかりで、皆興味津々で誰もが話しかけても明るく答えてくれる気さくな先生

でした。

 

当時流行っていたゲームを一緒にやってみた!!

私達の中で当時流行っていたゲームが《ピザ10回言ってゲーム》でした。

みなさん知ってますか?

1人がピザって単語をスピーディーに10回言い、もう一人が肘を指差し、

《ここは?》と聞いて、答えを《膝》って間違えを誘うゲームです。

このゲームをキャロラインに行った時の話です。

上記のような流れを当時の記憶を頼りに再現してみます。

 

中学生             『キャロライン!日本のゲームしよう』

キャロライン  『OK』

中学生             『ピザって10回言って!』

キャロライン  『ピッツッア、ピッツッア・・・・・・・・・・』

       ※メチャクチャ発音が良いイメージをしてくださいw

中学生    『ここは?』

       ※肘を指差して・・・

 

キャロライン 『エルボーーーーーーー!!!!』

 

 

その時、私たちは爆笑してしまったというお話です。

さすがに、外国人にはこの遊びは皆無でした。

ピザの発音は良いは、エルボーという真っ当なアンサーをしてくれた、キャロラインに

も感謝しかありません。

今でもこの話は語り継がれ、同窓会などでも毎回お話になるネタでした。

 

 

敬老の日

どうも! 

オサフォンです。

 

昨日、敬老の日でしたね。みなさんはどう過ごされましたか?

 

いつもお世話になっているおじいちゃん、おばあちゃんと過ごされた方も

いらっしゃるのでないでしょうか?

 

f:id:osafon:20190917113845j:plain

 

 

 

 

さて、昨日は日本の敬老の日ですが、どんどん高齢化社会になっている日本現代。

実際に高齢者の割合ってどのくらいかみなさん知ってましたか?

 

f:id:osafon:20190917093259p:plain

 

もちろん、日本が上位なのは知っていたと思いますが、堂々の世界1位です。

2位のイタリアへも4%以上リードしている。

 

 

《ではどうして日本は高齢化社会なのか?》

 

 1、医療技術の進歩 

   日本の高齢化が進んでしまっている理由は、医療技術の進歩も原因の一つと

   言われております。

 

 2、日本の医療制度

   日本人は皆、保険に入る事が義務付けられており、誰でも気軽に病院へ

   かかる事ができます。

   アメリカでは、働く事が出来ない方は保険すら加入する事が出来ないため、

   医療費に莫大な費用がかかってしまいますが、日本の場合、働く事が

   出来ない方でも生活の補助制度や病気により働く事が出来ない方でも

   加入できる保険や助成制度が充実しております。

 

 3、出生率の低下

   現在、日本か景気の悪化のため、賃金格差が生じている。

   また、東京都に関しては景気は悪化しているが、地価や物価が高騰しており、

   生活水準が上がっており、結婚率の低下を引き起こし出生率にも影響が

   出ている状況です。

 

《高齢化の社会の問題点》

 

 1、増税

   年配者が増えるということは、粘菌や医療費、介護費、生活保護費が増え

   それを賄っているのが、私たち納めている税金になるため、増税はまだまだ

   あると思われます。R1年10月より8%→10%へ変更する時代になり、

   これからは15%になる可能性もありますよね。

 

 2、労働力の低下

   年配者が増えるということは労働人口が減っていくということになります。

   働き手が減ることで景気の悪化も生じてくると思います。

 

 

 

今後の日本には課題はいろいろとありますね。

 

 

 

 

数字にまつわるエトセトラ!w

どうもオサフォンです。

 

今日の東京は雨模様ですね。せっかくの祝日なんですが・・・

 

さて、題名でも記載させて頂いたように、今日は数字にまつわる

お話しです。

 

f:id:osafon:20190916095331j:plain

 

 

 

 

 

数字にまつわるお話しといっても込み入った話をするつもりはありません。

 

昔、中学生の頃だったかな。

 

友達にある数字を計算機で叩くと恐ろしい数字が出るよ!って

言われて怖い想いをした事があります。

 

みなさんも想像してみてください。

嫌いな人がいたらより一層強くなりますよ!

 

さあ、計算機をご準備ください。

 

『18782』➕『18782』=??????

 

またの名を?

 

『イヤナヤツ』➕『イヤナヤツ』=?????

 

またの名を?

 

『嫌な奴』➕『嫌な奴』=?????

 

 

さあ、みなさん計算してみてくださいww

 

 

 

閏年! なぜ4年に1回366日になる?

どうもオサフォンです。

 

またまた少し期間が空いてしまいまして!

今回は仕事で出張に行っておりまして、新潟を満喫してきておりました。

 

さて、今回のテーマは『閏年

みなさんもご存知の閏年

通常1年は365日で計算しますが、閏年の時は1年を366日と

計算し、4年に1度巡ってきます。

 

 

f:id:osafon:20190912174646j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

では、なんで4年に1度366日になるのでしょうか?

 

この1年の長さは、地球が太陽のまわりを一回りするのにかかる日数の事です。

しかし、これを詳しくしらべると、地球が太陽の周りを一回りするのにかかる日数は

365日と約6時間なのです。つまり、1年を365日にすると、毎年6時間ずつ、

実際の季節がカレンダーよりずれてしまう事になるので、1年に6時間ですから、

4年で24時間、つまり1日だけずれるわけです。

そこで4年に1回閏年をつくって調整しているのです。

もし、閏年を作らないまま毎日が過ぎてしまうと、400年後には100日分

季節がずれてしまうという事になります。

これが、閏年の仕組みです。

 

 

みなさん知っていましたか?

 

 

なぜ閏年は2月29日なんでしょうか?

 

昔は1年の始まりが3月で2月で終わりでした。
ユリウスという人が、天文学などから1年は365日と決めました。それを12ヶ月で割ると、どうしても余りが出るので、偶数月は30日に、奇数月は31日にしました。
でも、これでは366日になります。ですから、1年の最後の2月を29日まで、ただし4年に一度は閏年として30日までとしたのです。
その後、ユリウスは1年の始まりは1月とし、12月で終わりと改めましたが、閏年については改めませんでした。

しかし、その後、アウグストゥスという8月生まれの人が皇帝になったとき、自分の生まれた月が30日までしかないのは嫌だとダダをこね、8月を31日までとし、

その後は9月は30日、10月は31日、11月は30日、12月は31日と変えちゃいました。
すると あら大変。1年が366日になってしまいました。
これではイカンという事で、元々1日少ない2月から更にもう1日引いてしまったのです。この人は自分のワガママを押し通す事は考えられても、各月の日にちを均一化するなんて事は考えられなかったんでしょうね。。。。
と、いうわけで、2月に閏日がある理由は、昔は2月が最終月だったから。
2月が異様に短いのは皇帝ワガママだったからです。

 

みなさん知ってましたか?

 

また、ウンチクを色々お話できればと思います。

 


 

 

履歴書あるある!

どうもオサフォンです。

 

本日、2回目のブログを書きます。

最近、面接させていただく機会が多く、最近の履歴書と昔の履歴書では全く違う

履歴書になっており、おもしろな〜。時代は変わったな〜。なんて思っていましたので

折角なら、記事にしようと思って書いてみます笑

 

 

f:id:osafon:20190904140041j:plain

 

《手書きの履歴書が徐々に少なくなりつつある》

私の学生時代は、履歴書を手書きで書くように教わったのを覚えています。

特に先生からは、まずは下書きを鉛筆等で行い誤字脱字がないかチェックする事や

中には、文字一つ一つに定規でマスを作成して等間隔で記載できるように薄く線を

作っている人もいました。(中々手の込んだ履歴書ですよね)

昔は、《手書きだと一生懸命書いたという気持ちが伝わるから!と精神論を信じていました。笑》

 

今の時代は、PCでも作成や携帯アプリでの作成も可能になり、手書きという需要が

無くなりつつあります。

そうですよね。一度作成してしまえば、そのまま使用できますよね。

一度、私なりに手書きデータ作成かの履歴書についてメリット・デメリットに関して

考えてみました。

 

手書きの場合

メリット

①筆圧 : 誠意が伝わりやすい(精神論)

②整列 : 丁寧さが伝わりやすい

 

デメリット

①時間 : 作成に時間がかかる。

 

データ入力の場合

メリット

①時間 : 作成に大幅な時間短縮ができる

②内容 : 推敲が可能な為、内容のある履歴書ができる。

③スキル: PCスキルをPRできる。

 

デメリット

①誠意 : 担当者によっては、誠意が伝わりにくケースもある。

②字  : 誤字脱字があった場合、気づきにくい。

 

以上の点が挙げられると思います。

 

 

《履歴書の押印の欄が無くなっている。》

最近気づいたんですが、氏名の横に押印の印がない事が多いですよね。

これは、最近の履歴書に多いようですが、押印の必要が不要になってきた事が

傾向のようです。

しかし、企業によっては押印を必要としている企業もあるようで、受け取りして

いただけない事もあったりする事もあるようですので、今後履歴書の作成を

する人は企業に合わせた履歴書作りを行いましょう!